LESSON

講師

INSTRUCTOR

講師

ヒビカス(HIBIKUS)には経験豊富なインストラクターが揃っております。
太鼓初心者から上級者まで、一人一人のレベルに合わせ、親身にご指導いたします。

近藤 克次

Kondo Katsuji

近藤 克次

三重県出身。

1976年に高校卒業後、佐渡の『鬼太鼓座に入座し和太鼓と津軽三味線を修業する。その後、『鼓童』創設に参加しその中心プレーヤーとなる。

1987年より「鼓童研修所」所長として新人の育成に務める一方、オランダのバレエ団『ネザーランド・ダンスシアター』の「輝夜姫」公演に和太鼓指導者及び演奏家として単独で参加し、パリ(オペラ座)・ドイツ・オランダ・日本と巡演し大好評を博す。

1993年には独立し、国民文化祭等での作曲・演奏をする。2年後、長野での『太鼓塾』を定期的に開催し始め、太鼓を打つ技術だけでなくストレッチを重視した『表現する体づくり』をテーマに「近藤克次太鼓メソッド」を確立。2003年伊勢において第一回『神恩感謝日本太鼓祭』の企画・構成・演出を手がけ、2011年までの9年間、総合指揮を執る。

2006年、スコットランドにて演奏&太鼓ワークショップを行い、翌年からドイツ・フランクフルトにて太鼓ワークショップを毎年開催し、今年で6回目を迎える。

2010年、指導している東京都三鷹市の「明星学園和太鼓部」が全国高校総合文化祭にて優良賞受賞。現在も演奏活動だけでなく、企画、指導、作曲者としても高い評価を得ている。

山内 利一

Yamauchi Riichi

山内 利一

鳥取県出身。1974年生まれ

繊細かつ軽快なバチさばき、グループ演奏では要となる存在、ソリストとしてもあふれる才能を駆使し作り上げる楽曲は観客をうならせる。あらゆる「音」を表現する和太鼓奏者。2000年、「風流打楽 祭衆」に参加。2005年から2011年まで音楽監督に就任。打楽器を大口久二子、小谷康夫、山本毅、種谷睦子の各氏に師事。津軽三味線を松村幸治、松橋礼香の各氏に師事。現代邦楽三味線を山崎千鶴子氏に師事。長唄囃子を藤舎呂悦氏に師事。

書道家、画家、舞踊家、声明、等他ジャンルとの共演も多い。国内外で演奏活動をする傍ら後進の指導にも力を注いでいる。現在、日本音楽集団、和奏、NAZNA, Persession、山岡洋一、Fluegel、Duo<K+R>、P.A.N.KLANG(KYOTO Percussion)等メンバーとして活躍中。

小泉 謙一

Koizumi Kenichi

小泉 謙一

埼玉県出身

太鼓奏者の第一人者『林英哲』の下で勉強をし、林英哲プロデュース「英哲風雲の会」のメンバーになる。2003年にはオーストラリアに音楽留学をし、シドニーを拠点として活動をしている和太鼓グループ『TAIKOZ』に参加。オーストラリアでTAIKOZと共に国内ツアー・オーケストラとの共演・ソロコンサート等、自身にとって新たな経験をさせてもらう事によって様々な音楽表現を学ぶ。帰国後、ソロ活動を本格的に展開し、ファーストアルバム「侍」を発売。その他様々なアーティストと共演をし、国内外で活動を展開している。近年では、ワークショップやアマチュアチームへの楽曲の提供も手掛けている。

【活動履歴】
林英哲全国ツアー「光を蒔く人」「澪の蓮」「レオナール われに羽賜べ」等に出演
上妻宏光全国ツアー「永遠の詩」に出演・ 吉田兄弟全国ツアー「飛翔」に出演
木乃下真市欧州ツアーに出演・シアターコクーン「八犬伝」にて演奏
(尺八)小濱明人(鳴り物師)秀と共に東アフリカツアー4か国を回る・客船『飛鳥(監)』で(津軽三味線)山中信人と共に謙信として船内で公演等

辻 勝

Tsuji Masaru

辻 勝

北海道出身。1976年生まれ

高校卒業と同時に「太鼓芸能集団 鼓童」の研修所へ入所、以後2015年12月までに、世界24カ国、日本全都道府県で約1900回の公演に出演。柔らかな音色と抜群の耳で、太鼓奏者としてだけでなく、その唄と踊りも高く評価されていた。 オーケストラ、ロックバンド、狂言師、歌舞伎役者、バレーダンサー、ガムラン奏者など、これまでに共演した国内外のアーティストのジャンルは多岐に渡る。 舞台での公演活動の他に、鼓童文化財団研修所の講師として研修生の指導にもあたった。
2016年2月より東京に拠点を移し、和太鼓奏者、指導者として活動を開始。2016年11月には、市川海老蔵主演「石川五右衛門」の舞台で大太鼓を演奏、2017年2月には六本木歌舞伎「座頭市」に出演するなど、ソロ演奏者として活躍している。

本山 游平

Motoyama Yuhei

本山 游平

小学生の頃、埼玉県鳩山町を拠点に活動する「鳩山鼓韻の会」の演奏に興味を持ち、1999年 12歳の頃同会に入会し和太鼓を打つようになる。鼓韻の会に在籍した約10年間で国内外問わず各地での演奏活動を経験。自らの和太鼓の基礎を築く。
2005年 18歳で東京を拠点に活動するプロ和太鼓団体「大江戸助六太鼓」に入門。4年間の在籍中、門下生ながらプロ演奏にも参加し、2008年には中国公演に参加。
2010年 オルタナティブ和太鼓ユニット「バチあたり」のメンバーとなり、2014年の解散まで各地でのコンサートやライブ活動を展開。
2011年 邦楽囃子方 望月左武郎氏に師事し、2014年に邦楽囃子方 望月武游(もちづきぶゆう)の名を許される。
2013年 同年設立の太鼓プロジェクト「indra-因陀羅-」にメンバーとして参加し、日々精力的に活動している。 

小池 将也

Koike Masaya

小池 将也

1993年4月神奈川県横浜市生まれ。
地元で太鼓をはじめ、高校卒業後新潟県佐渡市「鼓童研修所」に入所。
太鼓、笛、踊りなどを学び、2015年に鼓童準メンバーとなる。
2016年正メンバーに昇格し世界各地で演奏活動を行う。
2017年3月に鼓童から独立。

政所 和幸

Mandokoro Kazuyuki

政所 和幸

東京都出身。1979 年生まれ。

1990年日暮里中央町会鞆絵太鼓に入会、青少年育成活動として地域のお祭り各種イベントに参加。2000年、英哲風雲の会小泉謙一をリーダーとするユニットグループ「和太鼓集団乱打夢」に参加。同年地元のグループ鞆絵太鼓より鞆絵太鼓会七星創設

2003年より本格的にプロ生活をスタート、世界各国で数年間およそ500公演以上を経験、2007年12月よりTAO入団し、2012年5月までの在籍中に日本公演、台北公演、北島三郎特別公演などに参加。若手中心グループ、TAO・YELLOWの主軸メンバーとして活躍した。

村山 二朗

Murayama Jiro

村山 二朗

神奈川県出身

89年に和太鼓集団「鼓童」のメンバーとしてプロデビュー。現在は東京打撃団プレイヤー兼音楽監督を務める。`91年に縄文・自然・祭をテーマにした自己バンド「レブンカムイ」を結成、和洋楽器混成ユニットのパイオニア。ホールやライブハウスはもとより、ジャズフェスティバル、太鼓フェスティバル、神社仏閣、ギャラリー、酒蔵、学校公演など様々な空間で演奏を展開。多彩な音色の曲作りに定評があり、これまでにアルバム「沙也可-SAYAKA-」(MIDIレコード)を含む6枚のCDアルバムを発表。また、奏者としての主な舞台として、木の実ナナ主演ミュージカル「阿国」、阿木燿子プロデュース「フラメンコ曽根崎心中」、和太鼓公演「東京打撃団」などの他、海外26カ国で篠笛の魅力を紹介。著書に「イラストで見る篠笛ワークショップ」(音楽之友社刊)がある。慶応義塾普通部非常勤講師。

太鼓集団 天邪鬼

Taiko Shudan Amanojaku

太鼓集団 天邪鬼

1986年12月設立。和太鼓における理想の音を探求し、伝統と創造の中で新たなる和太鼓音楽の確立を目指す。日本人の心と江戸前の粋を根底に、ラテン音楽で体得したリズム感性と、高度に洗練されたテクニックが加わり、変幻自在に具現化される天邪鬼の舞台は独自の世界を創り出す。中南米・ヨーロッパ等50数カ国に及ぶ海外公演では圧倒的な支持を得、国内での様々なフェスティバルや公演活動、テレビ番組への出演においても高い評価を受けている。「魂の響き」、「ひとすじの道」DVD発売。国立劇場日本の太鼓の収録に参加するなど、積極的な製作活動も行う。また世界各地の創作太鼓の作曲指導にあたり、文化庁より特別顧問文化交流使を拝命。次世代の育成に力を注ぎ、全国の和太鼓コンテストでは数多くの優勝者を排出している。

初めてでも安心!
無料体験レッスン受付中!
PAGE
TOP